検察頑張れ!特捜頑張れ!東京地方検察庁前応援デモ。(再編集)

民主党・党大会@日比谷公会堂前抗議デモ&東京地方検察庁前検察応援デモ



2010年1月16日(土) 民主党への抗議デモ 検察庁に応援メッセージを

検察頑張れ!特捜頑張れ!



今回の特捜の逮捕。こう言った報道がどれだけ日本の国民に希望と勇気を与えたか・・・、



花うさぎ様のブログ「世界は腹黒い」より、以下無断引用w

民主党議員が全員引き上げたあと、その場所で君が代斉唱、聖寿万歳を行いました。その後一行は検察庁の前に移動、小沢一郎の政治資金疑惑追及を果敢に進める東京地検特捜部の建物に向かって激励のエールを全員で送りました。誰かが「ビルから手を振っている」というので皆が一斉にビルを見上げ、さらに声援を送るなど盛り上がりました。


画像


中川・・・・、・゚・(ノД`;)・゚・

花うさぎ様、お疲れ様でした。無断転載大変スマソ。そして、ブログ主様(アネモネさん)お疲れ様でした。

それにしても、動画内に何台もの中継車が映っているのに、民主党党大会を(特番として)中継したのは、日テレのみであったそうです。抗議デモは一切映さない。しかし、音声はしっかり入っていたとの事。テレビ局の反民主党、外国人参政権抗議デモの黙殺はいつまで続けるつもりでしょうか?

以降、再編集部

18日、テレビ朝日「スーパーモーニング」の中で、鳥越俊太郎氏が小沢問題について語った。

---以下、発言引用---

鳥越俊太郎氏
「ただね、あのね、支持率が下がってきているってことがありましたよね。これは当然、マスコミの論調に連動しているわけね。マスコミが全部、『小沢疑惑報道』をずっとやってますから、そりゃ当然、支持率下がってくるんですよね。民主党の支持率は、内閣の支持率も下がってくる。ここにちょっとね東京新聞のね、論説の人が書いた『論説室から』というのをちょっと読んでみたいんですけどね、これは非常に示唆に富んでいる。

えー『読者として多くの記事を読む限り、正直言ってこれはいったい、なんなんだという感じも抱いてきた。なぜなら、当事者本人か捜査当局しか知り得ないような情報がしばしば盛り込まれているからだ。ときには当事者が捜査当局に供述したとされる内容が報じられている。

ということは、当事者が取材記者に話したか、あるいは当局が記者にリークしたのではないか。疑惑があるならば解明されねばならないのは当然である。現場で取材する記者の苦労は理解できるし、多としたい。だが、結果的に当局の情報操作に手を貸す捜査になっているとしたら、それもまた見逃せない』という風に、東京新聞の論説員が書いてるんですね。僕もやっぱり同じような疑問を持ってるわけ。やっぱり今回は相当ね、リーク情報でね、私たち世論は操作されている」


---以上、ばぐ太書き下ろし---

※有志による動画:http://www.youtube.com/watch?v=HWjBURY_UAk

↑この動画は、TV- Asahi Corp. さんによる著作権侵害の申し立てにより削除されました。

後から、動画情報を削除しなければならない様な放送なら、最初からするな!と。ネット勢力は、テレビ朝日「スーパーモーニング」のスポンサー元にクレームの電凸すべしです。

『鳥越俊太郎降板』を要求してやれば良いです。

テレビ画面の向こう側で、偉そうに講釈垂れている者共等は、一体誰に飯を食わせて貰っているのか?まるで認識できていないです。朝鮮人か?在日朝鮮人共等に食わせて貰っているのか?鳥越も田原も大谷もそして、古舘伊知朗もその辺りはよーく考えた方が良いです。

この記事へのコメント

Frank
2010年01月20日 02:37
生良様

いつもながら貴重な情報を有難うございます。すべての動画を注意深く拝見しました。先ずはデモに参加された方々に心からの謝意を表します。
皆様の姿を拝見して、大変心強く思いました。近々必ず私も参加します。

印象的だったのが、民主党の党大会の後、マスゴミの取材と思わしきインタビュアーとカメラがすべてこちらに背を向けていたこと。なるほど、これがテレビ画面の向こう側か!!!
よーくわかりました。画面の向こう側とこちら側が、如何に乖離しているか。

とにかく検察に頑張ってもらいたい、それだけを心に念じております。
今やあなた達だけが、祖国日本を守る最後の砦です。

検察頑張れ!特捜頑張れ!
2010年01月20日 20:16
>かの鳥越が、民主党の支持率が下がったことを、マスコミによる世論操作だとか、言ったそうです。
Frank 2010/01/20 00:02

これですねw。
※有志による動画:http://www.youtube.com/watch?v=HWjBURY_UAk

本エントリに、鳥越俊太郎の発言を活字にしてアップします。ついでに動画(YouTube)も貼っておきます。

民主党議員共等は、『捜査情報漏えい問題対策チーム』を設置し、「小沢疑惑資金」報道を事実上、検察庁特捜部からのリーク報道と摩り替えて追及弾圧の構えです。

(-_-メ )ホントカヨw?

安倍政権以降、「消えた年金」情報や「事故米」情報を社保庁職員や農水省職員からのリーク情報を元に、当時の政権与党自民党を追い詰めていたのは何処の政党であったかしら?

マスゴミテレビ業界と結託した民主党の世論誘導で事実上、現職閣僚が二人も殺されています。(松岡利勝、中川昭一)。

小沢資金問題が立て続けに報道されたからと言って、すぐさま検察庁特捜部のリークだと決め付け、捜査情報の弾圧に取り掛かる民主党議員共等は、余りに『見苦しい』です。

今まで散々己等が為して来た事を、自分達がやられると途端に被害者面する、民主党議員共等は『人間の屑』としか言い様が無い。

それこそ、まるで朝鮮人みたいです。
2010年01月20日 21:12
>外交の読みが重要な意味を持ちます、駆け引きという意味でシナで商売をしているのなら判らなくもありませんが、どうも、ちょっと違う様な気がしますよ。 ナポレオン・ソロ 2010/01/17 23:01

返レス遅れました。実は、一昨日新エントリをアップすべく、せっせと1時間以上かかって記事を作成し「公開」ボタンを押したら、『長期メンテナンス』アラート画面に切り替わり、書込み全てが消滅しました。ブログは表示されていたのでそれならと、「ナポ・ソロ様に返レスしようと、30分以上掛かって書込みしてコメントボタンを押したら、先程と同じ様に「長期メンテナンス」アラート画面で全て消滅です。

2時間半近くの労力が、一瞬にして消えますたw。

『民主党の黒幕は経団連』。私はやはり合点が行かんのだわ。

『コンクリートから人へ』で土木・建設業界をあたかも、税金の無駄使いの権化、徹底した悪者に仕立て上げ更に、『二酸化炭素25%削減』では電力・鉄鋼業界を窮地に追い込んだ鳩山総理大臣。

『不用意な円高容認発言』で、自動車・電機関連の輸出業界に大打撃を与えた、藤井裕久前財務大臣。

直嶋経済産業大臣でしたっけ?事前にGDP速報値を洩らしてしかも、『知らなかった』と追い討ち発言まで為して、国際金融為替市場に於ける日本市場の信頼性を決定的に損なったのは?

経団連は表向きは兎も角内心は、鳩山民主党政権に対して快く思っていない筈だと私は考えています。
ナポレオン・ソロ
2010年01月21日 20:53
>>『二酸化炭素25%削減』
是こそ一番臭い話でしょう、産業界の意見も聞かず勝手に暴走した形にしたのですが、是が実現不可能なことは、誰の目にも明らかです。

 現実派と云えばハイブリッド車がバカ売れしていますが、此のアドバンテージだって、何時まで持つか判らない、企業としては大枚の補助金を受ける環境や雰囲気が必要な事は論を俟ちません、一方で、CO2削減は今やブームを通り越して世界の常識に成ってしまいました、いわば錦の御旗です。

 ハードルを高く設定すればする程、企業イジメしている様に見えますから、その分企業は補助金やら値上げやらやり易い環境に成りませんか?

 その辺は建設業や電鉄業、電力だって同じです、低CO2排出の建材とか嫌が応でも買わされる羽目に成りそうな気がするし、電車は自家発電で、元々大量輸送ですから移動の距離に使うエネルギィを一人当りに換算すれば、低排出CO2の交通手段といえるでしょうから、25%削減はむしろ追い風に成りましょう、それに、電力だって、原発の維持処か、多くサヨクに拠る反対運動がかますびしい新説にさえ大義名分ができたわけで有り難がっても、反対するいわれはない。

 民主党を「サヨクの味方、右翼の敵」と位置づけると間違いますよ、彼らは基本的に戦後体制の既得権者の擁護と引き換えに支持を得たのです、つまり、改革者では絶対ない、唯、アメリカに叛旗を翻して、共産シナに取り入ろうとしているだけです、反日の共産シナと組んだその先、一体ドゥするのかは知りませんが。
2010年01月21日 22:33
>民主党を「サヨクの味方、右翼の敵」と位置づけると間違いますよ、彼らは基本的に戦後体制の既得権者の擁護と引き換えに支持を得たのです
ナポレオン・ソロ 2010/01/21 20:53

成る程w。

この記事へのトラックバック

  • 朝日の外国人参政権・世論調査

    Excerpt: 昨日、朝日新聞が「外国人地方参政権付与法案」の世論調査を行い、30代40代の60%が賛成という記事を目にして驚いた。 Weblog: 風林火山 racked: 2010-01-20 01:57
  • 金庫番逮捕で政治圧力激化…小沢が叫ぶ「戦い」の意味

    Excerpt: 小沢一郎の号令一下、鳩山首相を筆頭に民主党は検察側との決戦に突入。その「戦い」とは具体的に東京地検特捜部への不当な政治圧力を示す。警戒すべきは、メディアが掴み切れない水面下の動きだ。 Weblog: 東アジア黙示録   racked: 2010-01-20 23:13