面白かった今日の「平清盛」。

今日初めて、NHK大河ドラマ「平清盛」を途中から見ました。町内の寄合から帰宅後、晩酌しながら何気なく点けたTVの番組がこれでした。清盛の正妻が、疫病に倒れる少し前から・・・・。最愛の妻の死。治癒を祈祷する僧侶を蹴り倒す清盛のシーン。それに飽き足らず、宋剣を手に僧侶を切り殺そうとする清盛を、「疫病を止められない朝廷をお恨みなされ」となだめる家臣。物凄く共感出来ました。但し此処での台詞が、「朝廷」では無く「王家」のままであったなら、私は逆に逆上していたかも知れません。私自身説明し切れない、不思議な感覚。帝、主上、朝廷等など、現代の日本国民として天皇や皇室を指すに相応しい用語を用いていれば、疫病や天変地異などの自然災害に関しては、ドラマでどんだけ腐し貶めても構わない。もしかしたら、私はそんな立場かも知れません。


画像


画像


5 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:41:34.32 ID:SgSxJRIT
坊主を足蹴り

6 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:41:34.93 ID:4xVNAPh9
ご乱心にもほどがある

21 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:41:41.81 ID:R0N0JR35
これで坊主に恨みを抱いて東大寺で焚き火するのか

22 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:41:42.03 ID:v46irG1+
いやそのセリフはまずいだろw

23 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:41:42.18 ID:oKyo505K
人、それを逆恨みという

32 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:41:44.76 ID:N05J0SbW
東大寺炎上フラグ

51 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:41:50.29 ID:VKqnNYGR
盛国も命がけだなw

58 :あずにゃん 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/03/18(日) 20:41:51.63 ID:hI0HoA79
天皇批判きたー

67 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:41:54.14 ID:gzT5De5j
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

86 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:41:59.93 ID:3lboxj6X
いやその理屈はおかしい

88 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:00.85 ID:j4CYFaNq
朝廷もとばっちりだなw

89 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:00.81 ID:N4ygmKD8
朝廷、超とばっちりwww

92 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:01.75 ID:JnBZkq1U
疫病が蔓延して何回も遷都してるよね

94 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:02.16 ID:4aV3Z2Zk
盛国が良心すぎる

95 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:02.27 ID:Zxp70YqI
交易やっとけば薬も医者も入るだろうしな

96 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:02.31 ID:nfSl+0DT
女が原因でクーデタ起こすんですかww

99 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:02.97 ID:AJXag2xs
坊主を蹴るとか…
もう武士じゃないだろ…
高貴な生まれでもないだろ…

宋剣振り回して、朝廷のせいにするとか…

100 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:03.07 ID:zpZAWLI4
仏罰当たるわw

104 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:03.84 ID:i7nLixv6
これで恨むってか

105 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:04.06 ID:et04QIJA
坊さん、肋骨折れたかも。

106 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:04.64 ID:z24XsYHg
とにかく腹いせに誰かぶった切りてえんだよ

110 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:05.87 ID:C96lblXj
朝廷への恨み許すまじ ←NHKのメッセージ

113 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:06.19 ID:7jUGgUD7
盛国うまく話を逸らした

114 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:06.51 ID:kpDX8NlG
朝廷がすげえ悪者にされてるw


124 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:09.11 ID:z2EdTKE4
疫病が朝廷のせいって、どんな思想だよw


152 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:19.96 ID:07TMff35
清盛のご乱心ぶりに浅野匠守長矩が ↓

156 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:20.19 ID:Zxp70YqI
>>114
交易禁止にしてたからぬー

191 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:30.78 ID:2JSxTvwr
伊東四郎の白河院も、若いころ妻が亡くなった時に
ケガレなどものともせず、宮中のど真ん中に死んだ妻を
置いたまま抱きしめてわあわあ泣き叫んだんだよ

「こんな所にケガレを置いたまま、しかも帝がそれに
触れるなんて…」と諌める官僚に八つ当たりして
大暴れしたんだよな

パパ盛はそれを知っていたという話だったのかも

147 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:19.31 ID:wh4KY00i
朝廷が悪い

148 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:19.14 ID:ZhWiA4Mz
ステマ

149 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:19.44 ID:l54U3CQb
そうだ
日本を良く出来ない野豚を恨もう・・・(´・ω・`)

187 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:29.69 ID:3lboxj6X
盛国マジ名参謀

188 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:29.87 ID:sVg3NWnF
ミキプルーン(関わりたくない)

153 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:19.83 ID:FyN52IZM
なんだこの超理論

154 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:20.18 ID:N05J0SbW
興福寺炎上フラグ

157 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:20.45 ID:9zsXL1a8
朝廷カワイソス

162 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:21.17 ID:okbYkNzn
先頭の坊主の人、マジ蹴りされてるよなwww

163 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:21.08 ID:J5to6d04
うなぎ丸すごいなあ

164 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:21.49 ID:kGJlCBWw
モリクニすげえ


166 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:22.26 ID:Q1ujnIIZ
ミキプルーンのあーあって顔にわろた


167 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:22.20 ID:Zq1CRcuF
なんだその理屈…

168 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:22.52 ID:T0OX9ofa
寺院との不仲フラグか

169 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:22.52 ID:UKuc1G2N
鱸丸も唐を22世紀のドラえもんみたいにいうなよw

170 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:22.59 ID:oh+851zV
取り乱すなよ 朝鮮人じゃあるまいし

178 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:25.57 ID:x4SDPerq
世が乱れていようが疫病で何で法皇を恨むになるんだよ

181 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:26.64 ID:o2PFht2q
まあ疫病も当時の政がわるいせいだと思われたからな

190 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:30.40 ID:z2EdTKE4
つかなんで王家じゃなくて超低?

194 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:33.40 ID:BC2fFFaH
これ後の常磐御前(だっけ?)と明子が顔そっくりでつい妾にしちゃったとかにならないだろうな

196 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:34.87 ID:0eQrOjT+
朝廷のとばっちりぶりに爆笑したがなw

201 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:35.57 ID:xf61sOKY
盛国できすぎ家臣w

202 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:35.63 ID:G6MtN9nG

大河ドラマに天王星批判をさせる売国放送局

207 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:37.04 ID:BvD9C5f5
>>124
いや、天皇の仕事だろ

224 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:41.38 ID:kMr/1+HO
NHKがやっと改心したのですっとんできますた

260 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:53.71 ID:XWbLJDH5
ここで朝廷批判かよ

261 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:54.22 ID:igzgWcRj
結核なら現代でもお亡くなりになる人が

263 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:55.48 ID:Tf32lrPx
この擦り替えは、孔明の策略だろ。鮮やか過ぎる

265 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:56.24 ID:l54U3CQb
>>196
今の民主党だね・・・(´・ω・`)

271 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:58.24 ID:a3WpxS2s
>>178
昔は疫病や天災が起きると政治が悪いという考えだったから

274 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:42:59.82 ID:R0N0JR35
>>156
東大寺じゃなく北野天神を焼き払うべきだよね(´・ω・`)

276 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:43:00.72 ID:KsobnF1r
坊主だって一生懸命お祈りしてんだよ!
非課税だけどな!

277 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:43:00.61 ID:R9BISM3O
妻を失い、朝廷を憎む
 ↓
朝廷を乗っ取る
 ↓
平家にあらずんば人にあらず

278 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:43:00.86 ID:/tyREZI3
宋との貿易禁止中なの?

296 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:43:06.42 ID:jiVMeb8o
>>202
NHKは冥王星のステマ

323 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:43:22.17 ID:IxPNt1oA
>>110
現代で言ったら日本政府か

324 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:43:22.51 ID:a4cZ1+lp
>>190
王家は全体を指して、朝廷は政治をする人たちを指すんじゃない?

333 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:43:25.26 ID:5dgWLA1k
>>271
今なら政権交代だな!


334 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:43:25.52 ID:VSKGv9SP
>>194
武井咲

※今度生まれる時は、韓国人に生れたい女優。

349 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:43:32.70 ID:SgSxJRIT
>>178
この頃は疫病や天災がないよう祈るのが天地の人


366 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:43:39.46 ID:qwoh3y/U
>>124
儒教思想だな
災害が起きたり疫病が流行ったりするのは政治が乱れているせいだとしている

390 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:43:49.05 ID:446A6XxF
皆が健やかに?
抗生物質が大量生産されるのが、いつだか知ってるのか?
死なんかこのころの人にとって、日常茶飯事。
怖いのは、死後のほうだよ。

417 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:43:59.12 ID:yGXUNgO1
>>124
>>207

ほんとほんと。震災や病気を抑えるのが天皇の力で、
昔は大震災が起こったら違う天皇に変わっていたよね。

いまは2回も大震災起こっても変わっていないようだが…

425 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:01.96 ID:Hi3fxtxl
>>274
唐がぐだぐだのあの時代は交易中止は正解
飛び火がこなくてよかった

435 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:04.35 ID:TU7gMNHY
夜なのにあさひ

439 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:06.12 ID:E78pz63G
ここでもののけの血って繋げられても

440 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:06.42 ID:YPoqY+kx
来週も面白そうだ

450 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:08.19 ID:rLgXFOdM
坊主だって内心「きかねーだろ」と思ってやってるのにな。
そういう予定調和がわからない清盛キックw

457 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:10.09 ID:IVDetvFK
奥さんってそんなに大事な時代だったんだな
今は離婚したい時代なのに

459 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:10.33 ID:DlFZwe9W
あさひキター

463 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:12.74 ID:0H/OB12j

よるなのにあさひ

468 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:13.90 ID:ME/hB/up
森田剛も出てんのか世

473 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:15.10 ID:t0u3h9hi
坊主を蹴るなんて
画が見づらいとか王家の犬というレベルじゃねーぞ!


※否、そこが良かった。あくまで、「朝廷」と言う言葉とセットで。

480 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:21.50 ID:JnBZkq1U
>>124
治天の君だからなぁ

489 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:26.56 ID:YjGW6sGK
>>124
民主に社会党で大震災

499 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:31.22 ID:og1HDMpH
清盛がこんなDQNな熱血漢キャラのままだと、
後年の政界の寝業師みたいなキャラに変貌できるのか心配なんだけど。

500 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:31.51 ID:0AM+W3ve
白河院も病気の璋子を助けたくて、陰陽師の言うがまま舞子を殺そうとしただろ
愛するものを守るためなら、周りの人は平気で傷つけられるってところが白河院の血ってこと

509 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:37.95 ID:NtPKljDZ
白河院

賢子を非常に寵愛した白河天皇は、重態に陥った時も宮中の慣例に反して退出を許さず、
ついに崩御した際には亡骸を抱いて号泣し、食事も満足に取らなかった。
これを見かねた権中納言・源俊明が、天皇は穢れに触れてはいけないからと遷幸を勧めると、
「例はこれよりこそ始まらめ(これが正しい人の道じゃぼけええ)」と反論した逸話は有名である。

512 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:39.40 ID:BvD9C5f5
>>323
ふくいち事故は菅のせいってみんな言うからなあ


519 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:44:43.87 ID:gzT5De5j
>>468
「平家にあらずんば人にあらず」はこの人

558 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:45:16.61 ID:aAKablbD
仏教全否定の回


559 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:45:17.84 ID:v+2cHu0X
おもろかたー


560 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:45:18.46 ID:O+OhsGsi
なんか強烈に面白いんですけど。

313 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:43:16.95 ID:3ivr3X+R
なんで正室は北の方
北政所
っていうんだ
北に台所があったのか

560 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:45:18.46 ID:O+OhsGsi
なんか強烈に面白いんですけど。

561 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:45:19.77 ID:n4sMdDH4
お坊さんが蹴られてるのってフィクションでもあんまり見たこと無いな

571 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:45:25.49 ID:h+DO8RVw
>>313
寝殿造りの北の対に正室が住んだから
北政所は関白の妻も公務員とみなされて位を賜り、担当の役所が作られた

573 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:45:27.40 ID:itqWgKlE
あさひにネタバレされた

574 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:45:28.73 ID:rLgXFOdM
疫病もなにもかも天皇家のせいとか、左翼御用達の大河ドラマだなw

580 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:45:37.02 ID:lNYDnJ4e
長承3年1134年 崇徳天皇 洪水、飢饉、咳病(がい、せき)(方丈記)
康治元年1142年 近衛天皇 鴨川氾濫
久安2年1146年 近衛天皇 京都大火
久安4年1148年 近衛天皇 京都大火
応保元年1161年 二条天皇 鴨川氾濫
仁安元年1166年 六条天皇 京都大火
仁安3年1168年 高倉天皇 京都大火

581 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:45:39.48 ID:a3WpxS2s
>>519
そのシーンはちゃんと出して欲しい

582 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:45:39.60 ID:C96lblXj
>>434
高野山と比叡山は仏敵NHKを呪咀すべき

585 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:45:41.86 ID:n9ybLvON
明子の死ぬシーンで大爆笑するとは思わなかった。
坊主蹴散らした上に刀抜くなよwww

592 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:45:47.18 ID:z2EdTKE4
>>207
疫病の流延に対して、防疫の考えを持って対応するようになったのは
明治以降でしょ?

政治が悪いから疫病が流行るって、宗教的な意味ならあったのかもしれないけど
実効力があるなんて思ってたとしたら、よほどの先進知識の持ち主じゃん

602 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:45:52.41 ID:7Ui8x8Xi


本日の「王家」発言数:1回

606 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:45:59.33 ID:okbYkNzn
>>124
正しい政をしなかったり、きちんと祭祀しなかったり、

親を敬わなかったりしたときに、疫病や飢饉などが

起こって世が乱れるとされてきた。

……ってまんま現在の皇室に当てはまることばかりorz




665 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:47:40.08 ID:6E6ZyyxK
あの時代京は荒れ果てていたからなあ
そりゃ疫病も発生する

668 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:47:50.56 ID:P5opJyes
盛国の言葉って、清盛をなだめる意味もあるんだろうけど、
当時の思想的には、世の中に悪いことがおきまくるのは為政者のせい
→つまり、朝廷が悪い


って流れでいいんだよね?
当時の思想の説明がないと分かりにくい気もするが



669 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:47:53.17 ID:SQRktF+K
源義隆は出るの? 俺の御先祖なんだ。

673 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:48:04.14 ID:75Xk1P6J
>>574
当時の天皇の一番の仕事だよ

698 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:49:32.88 ID:itqWgKlE
崇徳帝の天下ってもうおわり?

あとは死んで怨霊になるだけ?


705 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:50:10.51 ID:3ivr3X+R
いまの政治だって
一応近代国家先進国なら自然災害と
いえども一挙に2万人も死ぬようじゃ
だめすぎる

717 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:50:54.89 ID:dpBFd44f
>>698
崇徳天皇がリベンジしようとするのが、この大河の前半最大の見所だろ。

724 :梅風味みりん :2012/03/18(日) 20:51:31.39 ID:YpealCHP
>>313
天子は南面すとか言う考え方があってだな
天子の居室は北につくられたそうな

742 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:52:48.17 ID:5mMhQv6r
田中麗奈深田恭子加藤あいってみんなツンデレっぽいな

744 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:53:01.36 ID:UEaDHK+g
>>724
そのさらに北、北宮ってか後宮に嫁さんや子供が住むわけだしな
んで東は跡継ぎ、いわゆる東宮が住む

753 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:53:49.83 ID:Hi3fxtxl
>>744
格は北東西南の順のはず



783 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:57:16.41 ID:EXg/ejK7
坊さん蹴るシーンを見た奴は、来週も必ず見るなw

788 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:58:12.71 ID:itqWgKlE
来週から性格激変してても許すんで清盛なんとかしてくれ

793 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:59:10.15 ID:6E6ZyyxK
多分これを境に清盛が変わるんだろうな
今のままの単純バカではキツイ

798 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:59:30.19 ID:spbjbgR4
>>156
> >>114

> 交易禁止にしてたからぬー

うん、朝廷のせいだw 薬も新しい医術も入って来ぬ

800 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 20:59:37.96 ID:qvF3O/uL
>>788
後半はめちゃめちゃきれいになるで?
平家の服は綺麗で有名やから

814 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 21:02:14.14 ID:spbjbgR4
>>807
いつの時代も権力者に取り入ってる坊主は腐れ坊主
庶民は疫病まみれでボロ着なのに
ぴっかぴかの服着てナムナム言ってればいいもの食える


815 :公共放送名無しさん :2012/03/18(日) 21:02:23.59 ID:sVg3NWnF
>>800
後半の貴族化に備えてわざと汚くしてんのかな


(引用終わり)


今上天皇陛下が、何故あれ程までに、東日本大震災一周年追悼式に拘り為されたか?。少しばかり判る気がします。今上天皇陛下の御心を勝手に慮り、それを口にするのは不敬に過ぎる為控えます。が、今日の「平清盛」を見て、成る程なと自分の想像が的を外していない事に意を強くしました。

平清盛は、伊勢神宮にも参拝に訪れています。世間一般では悪役で通っている清盛ですが、伊勢神宮信者の私(とうとう、一年間参拝しなかったけどw)にとっては、清盛はどこか近しい気持ちが沸いて来ます。

尤も、NHK大河ドラマ「平清盛」は、来週以降も見るつもり無いですけれどw。


この記事へのコメント

ナポレオン・ソロ
2012年03月23日 06:43
>>平清盛は、伊勢神宮にも参拝に訪れています。
 そりゃあ伊勢は平氏の本拠地だもの、如何にご落胤とはいえ、平氏の次の当主に指名された身では、参拝は当然過ぎるほど当然ですよ。

 2ちゃんの最初の方は混乱してますね、「貿易を禁止していたから、伝染病を防ぐ新たな薬も医術も入って来なかった」な~んて、当時の世界のレベルでは日本国内と五十歩百歩、此の時代のずっと後、欧州ではペストが大流行しますが、細菌が原因だったと判ったのは近代になってからです。 勿論、当時の予防法は焼きつくす事ダケ、魔女の所為にされて多くの流浪の民であるロマが処刑されている。

 当時の時代のレベルや社会常識を全く考慮せずに現代社会の目で色々発言しているからそうなるのですが、スメラミコトが祭祀王=治天の君である発言が有ってから沈静化しました。
ナポレオン・ソロ
2012年03月23日 06:43
処で犬HKが、この大河ドラマの、殊に武士階級の服装を汚ない形にしているのは、寒流上げの意図が見え見えです。 婦女子の中には「韓国は英国の植民地だったから、街がきれいなの」とか、ワケわかめの歴史認識を持っているレベルも存在して居るので、寒流のドラマで出てくる色鮮やかな錦織の服がそのまま真実だと思い込んでいるのは間違いないから、このドラマの映像の色彩感の無さは、キット効果が上がるでしょう。

 清盛が坊主を足蹴にして、剩、斬り殺そうとしたのが果たして史実に基づいた事なのか、それとも風説に過ぎないのか、詳細は知りませんが、一体何が描きたいのか判りません。 後に厳島神社を建立する清盛ですが、ダカラ清盛は反仏教だったとでも、云いたいのかな。

 でも、昔私が勤めていた神戸の会社があった運河の対岸、古の兵庫の大輪田の泊に在る清盛像が祀られている神社は、元はお寺と兼ねて居たのでは無かったかなぁ?

 確かに仏教保護に熱心だったと云う話は聞きませんが、逆に仏教を弾圧したと云う話も聞きませんよね。

 其処此処に歴史を捻じ曲げる意図が有る様に感じますね。 くたばれNHK。
2012年03月23日 22:49
>そりゃあ伊勢は平氏の本拠地だもの、如何にご落胤とはいえ、・・・
ナポレオン・ソロ 2012/03/23 06:43

マジでか?と思い、サラッと調べてみたら平清盛って、伊勢平氏の棟梁だったのですね。全然知らんかったw。

>参拝は当然過ぎるほど当然ですよ。

仰る通り。

>2ちゃんの最初の方は混乱してますね、「貿易を禁止していた・・・・

そんな細かいとこまで突っ込むなよw。2chは、個々人が持っている情報・知識・考え・思いの集合体なんだから、間違った情報・知識或いは、嘘・捏造・煽りてんこ盛りなんだから・・・w。私自身も、ナポ・ソロ様と同じ認識です。そのレスに関しては、当エントリで引用するか否か、正直迷いました。で、結局引用。その根拠は何であったか?。今になって振り返っても、思い出せません。が、ざっと読み返してみても、引用しておいて良かったと思っています。

>殊に武士階級の服装を汚ない形にしているのは、寒流上げの意図が見え見えです。

全く同じ意見です。どう考えても、あの衣装や身なりは恐らく実際の朝鮮宮廷そのものだった筈です。如何に、当時の武士階級が宮廷での、警護などの役務・雑役を任されていた階級であったとしても、天皇や貴族の面前に赴く時は、髭を剃り、顔ぐらいは洗うだろうとw。

明らかに、日本の歴史の貶め行為。それに引き替え、犬HKで放送されている、韓国歴史風ドラマの衣装のきらびやかな事w。

「韓国の宮中は綺麗で、日本のそれは汚らしい」と言う、日本国民視聴者に向けた洗脳放送ですね。

2012年03月23日 23:45
>清盛が坊主を足蹴にして、・・・一体何が描きたいのか判りません。
ナポレオン・ソロ 2012/03/23 06:43

只の逆恨みでしょw。

史実であったか創作なのか?、私個人的には興味がありません。この「平清盛」自体が、犬HKによる反日反天皇、日本の歴史貶め洗脳ドラマに過ぎないから。

それでも、清盛が僧侶を蹴り倒すシーンは、感動すら感じました。もし仮に私が清盛だったら、同じ事をしていたかも知れない。瞬間的にそう思いました。批判を覚悟で申せば・・・、

「何の為の祈り」かと。

尤も、あのシーンの共感はあくまで、直後に続く「朝廷」と言う台詞とセットです。清盛をなだめる家臣の台詞が、「朝廷」ではなく「王家」のままであったなら、逆に私はテレビ画面を蹴り倒していたかも知れません。実際には、そこまで出来んけどw。

この感覚は、自分でも説明がつかないです。不思議な感覚。が、暗に私自身が現代の朝廷を批判しているとは、思わんといて下さい。その気持ちは無いです。

犬HK大河ドラマ「平清盛」の視聴率は、順調に下降しているそうです。今回私が絶賛した回の、「平清盛」視聴率は過去最低の13.2%だったとか?w。1963年から始まった大河ドラマ歴代ワースト6位タイ。日本人は、「在日」やマスゴミテレビ業界人が考えている程馬鹿では無かったと言う事です。

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/36339577.html

2012年03月23日 23:46
以前も明かしたと思いますが、私は、膳場貴子がアシスタントを務めていた「プロジェクトX」で、自殺を思い止まった人間です。まだ幼かった子供達宛てに遺書も書きました。

それ以来NHKに対して、ずっと恩義を感じて生きて来ました。そんな私ですら、切れたwのですもの。【王家の犬】はそれ程のインパクトがありました。

【王家の犬】HK、マジで終わるかも知れませんね。否、終わらせないと日本の未来、子供達の時代がやばいかも知れません。

これ(犬HKに対峙する事)は、内戦否、侵略戦争防衛戦なのだと痛感します。否マジでw。

2012年03月24日 00:29
少し続けます。

私がネットを通じて政治に関心を持つ様になると同時に、神社(結果として神道)にも関心を持ちました。それ以来、私自身の内部で相克があります。

神社って、人の死を忌み嫌っていないかしら?。何か、汚らしいモノ、遠くに遠ざけておきたいモノ、として見做していないか?と、いつも疑問に思っていました。

死は誰にでも、必ずやって来ます。多くの場合、それがいつ訪れるか判らない。と同時に、人の悲しみの最たるモノの一つです。

愛する者の死で悲嘆にくれる時、『お前は喪中につき、神社の境内には立ち入るな』と言われる。

(以下上記2chレス引用)

>白河院

賢子を非常に寵愛した白河天皇は、重態に陥った時も宮中の慣例に反して退出を許さず、ついに崩御した際には亡骸を抱いて号泣し、食事も満足に取らなかった。

これを見かねた権中納言・源俊明が、天皇は穢れに触れてはいけないからと遷幸を勧めると、「例はこれよりこそ始まらめ(これが正しい人の道じゃぼけええ)」と反論した逸話は有名である。

(引用終わり)

やっぱり神道は、死者を穢れたモノと見做しているんだw。

そこそこ真面目な真宗門徒の私にとって、その点は相容れません。浄土真宗は、死者を穢れたモノとはみなしていません。

死者をケガレと称する神道では、人を悲しみや苦しみから救う事はできません。神道では、『救済』出来ないと言う事です。

神道は、宗教ではない。と言う私の持論の根拠の一つであります。
Frank
2012年03月25日 05:24
私の宗教の(最近のですよw)出発点は、
神様は救ってくれない、ということでした。日本人の心のよりどころとしてそこに存在していること、それがすべてではないかと思っています。

伊勢神宮にお参りしたときも、あなた(もとい天照大神)はそこにいる、私はここに居る、というなんかお互いの存在を、しかもきわめて主観的に確認する、そのような儀式だったような気がします。

したがって、交通安全や受験の合格や安産のためのお札が販売されていたことにはちょっと違和感を感じました。(あってもいいのですが(笑))

ケガレのことは井沢元彦の「逆説の日本史」でも詳しく触れられていますが、日本人の神様、というか心の統合として存在する神社からは遠ざけるという方向性は理解できます。

手水は何のためにあるのでしょうか。
身を清めてお参りするところであれば、ケガレを遠ざけるのは論理的に整合性があります。

幸か不幸か、我々日本人の神様は、仏陀やキリストのように我々を救済してはくれません。
我々日本人は、我々日本人の神様を守るために、あるいはその意に添うために存在しているのではないかしら。
しかし、そのことが日本と日本人を救うことにつながるのではないかと、考えています。
ナポレオン・ソロ
2012年03月25日 09:00
 私論を申しますと。

 神道で曰く、現世人を救済するのは、飽く迄、御先祖様であり、その御先祖様とその上位に坐ます歳神様との交流こそ、盂蘭盆会と正月である。 というのは、古くからの伝えです。 今でいう歳の初めと半端に区切りが有るのは、昔は陰陽思想で、冬が陰で夏が陽とすれば、それぞれが、陰の終わりと始まり、陽の終わりと陰の初めであったからだと解釈してよろしいと思います。

 此の区切りに歳神様は霊魂を伴い、下界に降りてこられるので、子孫は酒食を用意してお迎え、神に歓喜の心を御捧げするのです。 普段、歳神様も霊魂も山の上に坐しますから、昔は山そのものが神域であり、鳥居は山道の入口に建てられるものであったと聞き及びますし、山岳信仰はこの認識を基本にしていると考えます。

 「死が穢れである」と言うのは、飽く迄、現世の人間にとっての話です、三千世界の裡の一つ世界の価値観にしか過ぎない。 三千世界とは、過去世、現世、未来世と言う解釈の仕方も有りますが、あの世とこの世、そして、神の世界と言う考え方も有ると思っております。

 あの世とこの世を分かつのが、生と死であり、人間に死を齎すのが、実は目に見えない脅威=穢れであったから、穢れ=不慮の死を齎すモノとして忌み嫌われたのでしょう。 加えて、「穢れが、怨霊に拠って齎される」と見えないものを脅威と捉える考えが敷衍されるに至っては、日本人が古くから「生と死は次元を分かつダケの現象であり、霊魂は不滅である」と常識の様に考えて居た事が見て取れます。
ナポレオン・ソロ
2012年03月25日 09:02
 日本のもう一つの基底精神である仏教観から云えば、神の世界に棲むとは、仏教思想で云えばブッダとなる事であり、人間がその内在する精神の向上の極みとして目指すべき境地であります。

 一方で「神の御恵み」、「見えない力に拠る何か」、「現世の救い」という考え方は、その延長に神への感謝、平穏な日常への感謝が到達点として存在するが故に、人間が深刻な生存への脅威にさらされて居ない状況下に起こる事で、修復しえない現実に絶望して生まれた天国・浄土思想に先立つモノでしょう。

 即ち「あの世で救われる」ですが、是は、所謂、「自分の卑小さを自覚した上で、他に対する救いに覚醒した時=発心した時に、自らが救われる=成仏=ブッダとなる」と云う他力本願と、輪廻転生を前提として、自力で知を養い、智に高めて行く事でこそブッダに至ると云う自力本願とが有りますが、何れも、この世でブッダとなるのが目的です。

 詰まり、神道では霊魂は不滅だと教えますが神道は人間に対し「ダカラ修行しなくてはイケナイ」と教化する事も特定の人間ダケを救済する等は有り得ない事です。

 それは三千世界の世界「=この世に在り方」が違いますから、特定の人間関係の得失や教化に関われば、其処に千民思想が生み出され、差別から怨霊を生み出し、穢れを誘発するのは火を看るよりも明らかな事ですから。
ナポレオン・ソロ
2012年03月25日 09:03
 日本では人間世界と神の世界は峻別されており、神の道は、ソウ云った穢れを祓い清めてこそ初めて開かれ、人間世界と交流できるのです。 詰まり、日本人にとって、神とは実在し、常に世界は違えど人間と共に生きて居られると云う事になります。

 然し、神は世界を宇宙の法則に則って運行し、人間に関しては、唯「お天道様」の様に見守るダケ、人間は、神様の嘉する現実を自覚し、自分の事に際しては、おのれの知力で人間世界の中で途を伐り拓き生きて行かねばならないのです、然し、それでこそ、初めて「生かされ、そして、生きた」と言えるのではないでしょうか。 
 日本列島に棲み暮らしてきた者共のこの考え方や生き方が神界の趣に合致しているからこそ、日本には、八百万の神々が世界から集まり、木石草花にも宿り、人々の隣で暮らして居ると云われて居ます。ダカラ、日本は世界の神が集う処、神の国だと云う考え方も有るのです。
2012年03月25日 17:47
>幸か不幸か、我々日本人の神様は、仏陀やキリストのように我々を救済してはくれません。
Frank 2012/03/25 05:24

根本的にFrank様と私とでは、「宗教」の括り(定義と言っても良いかも知れない)が違う気がしています。どちらが正しいと言う訳でもなく・・・・。

悩める子羊。人が持つ悲しみや苦しみ、悩みもそうかも知れませんが、それを解放してこその宗教だと考えて来ました。悲しみや苦しみから「救済」するのが、宗教だと。それが正しいか否かは、私には判りません。

今回の東日本大震災の様に、突然最愛の身内を失って悲しみに暮れる時、被災者遺族は、神社に立ち入る事は許されない筈ですし、誰も行きたいとは思わない筈です。

寧ろ、「何で、私の愛する者を守ってくれなかったか」と小石の一つでも投げ込みたくなるのが心情だと考えてしまいます。

神社神道は、「未来の安全と幸運」を祈願する場所だから。

未来の安全と幸運を願い、日々最大限、注意を払い努力し修練する。その結果に於いても、不幸が訪れても仕方が無い。神社や神様の責任ではない。それこそ、個々人に課せた運命であり宿命であったと見做される。

悲しい時は、お寺や教会に行きなさい。と言う訳です。何かシニカル冷笑的に語っていますが、神社神道を揶揄しているとは思わんといて下さい。

日本の神様は、日本人の未来の安全と幸運を守り保障していただく存在です。根本的に、メシヤとかヤーヴェとか如来様とは異なっているモノだと思ってしまいます。

>交通安全や受験の合格や安産のためのお札が販売されていたことにはちょっと違和感を感じました。

私は、それこそが神社の本質だと思っていますけどw。

2012年03月25日 17:48
今上天皇陛下が、何故あれ程までに東日本大震災に拘りあそばされたか?。(ホントはスルーつもりでしたが)

不敬極まりない事を承知の上で・・・・、

今上天皇陛下は、御自身を責めておいでになられる気がして仕方が無いです。

2012年03月25日 18:26
>交通安全や受験の合格や安産のためのお札が販売されていたことにはちょっと違和感を感じました。
Frank 2012/03/25 05:24

神社のお守り、例えば伊勢神宮や明治神宮のそれらは、もしかしたら日本固有の特産品、お土産になり得ますね。

日本の神様は、ユダヤ教やキリスト教イスラム教等のそれらとは根本的に異なっていますもの。理屈の上では、それらの教徒が、幸運を呼び込むアイテムとして『御守り』を身に着けていても、何ら干渉し合わない気がします。

日本固有の特産品として、売り出せば良いのにとか思ってしまいます。

朝鮮人が、羨ましがって又火病を起こしそうですけど。
2012年03月25日 23:20
>一方で「神の御恵み」、「見えない力に拠る何か」、「現世の救い」という考え方は、その延長に神への感謝、平穏な日常への感謝が到達点・・・・・・、
ナポレオン・ソロ 2012/03/25 09:02

おいw、ナポレオン・ソロ。

難し過ぎるぞ!。神様に関する記述の時は、いつもそう。

私のレベルに落としてくれよw。

>ダカラ、日本は世界の神が集う処、神の国だと云う考え方も有るのです。
ナポレオン・ソロ 2012/03/25 09:03

何となく、理解と言うか推察すると。

伊勢神宮には、世界中の宗教の最高神官が訪れて、神道式に則って、礼拝(参拝)しても何ら問題無いと言う事です。

逆に、天皇がバチカンやメッカや、嘆きの壁を訪れて・・以下略。

ナポ・ソロ様のこの一連のレスに関する返レスは、一時保留です。何か、凄く重要な事が書いてある気がしますが、現時点では良く判らないw。ナポ・ソロ様の記述文にたまにある事例ですw。
Frank
2012年03月26日 02:01
>神は世界を宇宙の法則に則って運行し、人間に関しては、唯「お天道様」の様に見守るダケ、人間は、神様の嘉する現実を自覚し、自分の事に際しては、おのれの知力で人間世界の中で途を伐り拓き生きて行かねばならないのです、然し、それでこそ、初めて「生かされ、そして、生きた」と言えるのではないでしょうか。 
ナポレオン・ソロ 2012/03/25 09:03

先ずは詳細にご案内をいただき有難うございます。
文才と言うか表現力の無い私が、言いたかったことを良くぞまとめて頂けました。

もちろん、被災者の方の気持ちを慮れば、酷な言い方かもしれません。

だからこそ、

不敬を承知で引用しますと、

>今上天皇陛下は、御自身を責めておいでになられる気がして仕方が無いです。

陛下は、最高の神官として、神様と我々のちょうど中間におられるわけなのですね。

生良様の↑の一文で、今上陛下のお心が痛いほどに分かりました。
2012年03月27日 21:02
>陛下は、最高の神官として、神様と我々のちょうど中間におられるわけなのですね。
Frank 2012/03/26 02:01

仰る通り。

天皇は、祭祀王であり神社神道の最高神官。

だからこそ、日本の天皇は、父親を辿って行けば神武天皇に辿り着く血統を持っていなければならない訳です。

男系主義というヤツです。

女系天皇とか云う、母親が皇族で父親が例えば元朝鮮人の天皇など、有り得ないです。

「在日」と、それらと結託した日本のマスゴミテレビ業界人共等は、必ず此処に来る筈です。私は既に、待機しているのだわw。

彼等はその有り得ない事を、やろうとしている訳で、「在日」からすれば、皇室乗っ取り、日本の歴史の根底からの簒奪。マスゴミテレビ業界人共等からすれば、男女同権?w、差別主義の象徴の天皇制改革と云うとこかしらん?

先日、田原総一郎が「女性宮家」について、官邸から意見を求められました。

「女性宮家」容認だったと思います。その先の女系天皇も容認していたかしらん?。少なくとも、マスゴミテレビ業界は、女性天皇と女系天皇をごっちゃにして、先ずは、女性宮家設立容認の世論形成を為してくる筈です。

本来なら、皇室が2千年に渡って意地になって(継体天皇の即位など、正にそれw、)続けて来た男系主義(天皇位の資格は、父親が天皇)を報じるのがスジ。しかし、これを完全封殺して(つまり、旧皇族男系男子の存在を黙殺して)、一般庶民の男性でも女性皇族の配偶者になり得る世論や風評を形成して来る筈です。

2012年03月27日 21:02
私自身、旧皇族男系男子との婚姻を絶対的前提とした、女性宮家容認派なのですが、既にマスゴミテレビの女系天皇と女性天皇の混同ステぶりが、厭らし過すぎて仕方が無く感じています。

小泉政権時代の、女系天皇容認皇室典範改正案党議拘束。あの瞬間が、日本の最大の危機でした。今思い出しても、悪寒が走る程の恐怖感が湧いて来ます。

2012年03月27日 21:19
では、何故、皇族方は太古来より男系主義天皇に拘られて来たのか?

きっと、これもその理由の一つなんだろうなと。

>神武の東征が何時の時代に起こった話かと謂えば、私は、やはり、九州全域に勢力を張って居た海人族が、鉄貿易で力を着け、日本の国人族=長江人を先祖に持つ呉越人が、山陰と山陽で旧来の呉越に分かれ、

【日本に古くから住む北狄族を巻き込んで再び戦火に日本を陥れる前に、日本を纏めたいと、神武の父親であるウガヤフキアエズは考えた】

のでは無かったかと、思うのです。
ナポレオン・ソ 2011/11/03 21:02

>【東征者は徹底して原則避戦の方式を採ります、】

船を沖に泊めて使者を出して面会の交渉をし、水や食糧の補給を要求する一方、その代銀を塩で払うワケです。
ナポレオン・ソロ2011/11/03 20:48

兎に角、テレビで女性天皇とか女系天皇と言う単語が出て来る度に、ネット世論はあたかも、モグラ叩きの様に叩きまくるしかないです。

ネット世論は、とうとう『南京大虐殺はなかったと思う』の河村名古屋市長を守りきりましたよね。

やればできる筈です。

ナポレオン・ソロ
2012年03月27日 23:20
>>皇族方は太古来より男系主義天皇に拘られて来たのか?
 簡単です。 先ずは女は子供を産めるが、男は子供を産めない事に注目して下さい。 すると、生まれて来た子供は、女性の場合父親が誰であろうが自分の子供である事には疑いようが無い、然し男の場合、母親に成る女の状況次第で、自分の子である確率は必ずしも100%ではない場合が有る。 是は逆に、女系主体の方が確実に王の血筋を確保できる理由に成りそうです。 事実、原始社会のヒトの集団は、母系社会だった様です。また、戦闘や奪い合いが日常では無かった原始農耕社会も母系社会の色が濃い。

 然し、ヒトの集団がある一定の数を超すと、食糧の分配を巡って争いが大きくなる。 そこでモノを言うのは、個人の腕力や集団の数の力です。 次第に、生存に必要な「力」の評価が、古来からの「云い伝え」や「しきたり」に依拠した王権に先行する様になる。

 しきたりや云い伝えにもそれなりの意味や、理由が存在して居るのですが、目先の事に捉われたら人間はそういう既成の権威に対するに、「自分の生存に直近の脅威を与えないモノは、敬意を払うか、排除する」という極端な選択肢を持ちます。 結局、そういう力のバランスの上に、王権はされてゆく事になってしまうのです。
ナポレオン・ソロ
2012年03月27日 23:22
 男系でも女系でも善いと云う状態なら、現在の君主、もしくは君主の女足る女が産む子供が男であれ女であれ、構わず君主としなくてはならないのですが、個人の資質がモノを言う古代の国家に在っては、現実の国家を束ね、隙あらば我こそ王者とならんと牙をひそかに研いで居る荒くれ達を黙らせる信頼や服従を勝ち得るのは、実際には、男ではないと務まらないのは道理でしょう。

 それに女は、肉体的に征服されたら精神的にもその男の言いなりになって終う部分が現実に有る事は否定できない。況してや、子供でも出来ようものなら、話は情況を理性で判定する事が難しくなるのも明白です。

 勿論、女の言いなりになる男だっているが、数が違うし、男の代替えは幾らでも居る。

 また自分の子供を王籍に連ねたいのなら、女帝や女王を垂らしこめば好いと云う事にもなりかねない。 戦場で命懸けで戦った事もない男が、否、例え、戦争の勇者だったとしても、誰にでもできる女を垂らしこむ事が、そんな君主を自分の命を懸けて護る理由には成りません。 ラスプーチンや弓削の道鏡の例を上げる迄もなく、そういう事態になれば世が乱れるのは当然の事態です。

 男の場合「自分の子では無い」と云い張れば、生まれて来た子供を状況次第で、取り消す事すら可能と言う事になります。 その融通性は、古代の「世継ぎの決定=将来の勢力地図の決定要因」である限り、重大な要素と言えましょう。
ナポレオン・ソロ
2012年03月27日 23:28
 是は卑怯な様ですが、女王が犯されて産んだ子供も、紛れもなく丈王の子供である事の危険性を考えれば、王位継承権を持つ事になり、その父親も、王である妻と王になる子供がいる限り、絶大な力を持つ事になるワケです。 丈王で良いのは、蜂や蟻位でしょう。

 また例えば、「女系」が何も女帝を意味しなくとも、他の事はイザ知らず、殊、政治で女を主にする事を許せば、「傾城」が示す様に姻族支配がおおっぴらに成る事が当然になって終い、十八史略に現れたシナ王朝群の常の様に、姻族のみなら外戚の跳梁跋扈迄もを許して、国を滅ぼすもとを終う事に直結します。

 以上の理由で、女系君主の血筋を主とすれば、皇統の正統性は、カナリの確率で喪われる事に直結します。

 遺伝子云々の理由が無くとも、やはり、君主足るべきは男の方が理に適っていると考えるべきでしょう。
 
 その証拠の事例は、日本以外の国では、皇統、王統の類が、100%喪われて来た事で、証明する必要さえ無いほど明らかです。
2012年03月28日 22:44
>勿論、女の言いなりになる男だっているが、
ナポレオン・ソロ 2012/03/27 23:22

おっと、皇太子の悪口はそこまでだw。

>姻族のみなら外戚の跳梁跋扈迄もを許して、国を滅ぼすもとを終う事に直結します。
ナポレオン・ソロ 2012/03/27 23:28

私は、この説に一番魅かれるのですが・・・、どうしても釈然としないです。

天皇の資格たる者は、父親が天皇である男子に限る。何故ならば、天皇は、日本の祭祀王であり神社神道の最高神官だから、父親を辿って行けば神武天皇に辿りつく血統を持っていなければならない・・・・、

が、その神社の最高神は、女性なのだわw。神武天皇に辿り着く男系主義を厳格に維持するのなら、神社の最高神は男性の方がしっくり来ます。差し詰め、天照大神に8人も子供を産ませた果報者が、神社の最高紳であっても良かったのでなかろうかと、私は思う時があります。

あくまで女性が神社神道の最高神ならば、やはり母親を辿って行けば、天照大神に辿り着く女系主義でも良かったような気もします。尤も、女系主義は上記ナポ・ソロ様の記述通り、外戚の専横、(女性)天皇になる予定の人物を無理やり孕ませての簒奪云々と、想定される危惧危険性からは免れませんけど・・・、

2千年以上に渡って、厳格な男系主義を維持しながら祀る最高神は女性紳。何か、この辺りの関連性が釈然としないのです。

あっ、皇位皇統の在り様とか、神道最高神に対する批判とかとは思わんといて下さい。只の、ド素人の興味本位の戯言ですから・・・w。

それにしても、天照大神は人として在られた時、どんな女性だったのだろう?。罰当たり覚悟で、しょっちゅう考えてしまいます。この点に関してはスルーして頂きたい。只の独り言ですから。


Frank
2012年03月29日 01:26
>遺伝子云々の理由が無くとも、やはり、君主足るべきは男の方が理に適っていると考えるべきでしょう。
ナポレオン・ソロ

女性宮家も女系天皇も困る、漠然とそう考えておりましたが、なぜか、ということについてはなんかもやもやした状態でおりました。
↑のナポソロ様の解説はその答えを、初めてしっかりと得た思いです。
いつものことながら有難うございます。

>が、その神社の最高神は、女性なのだわw。
生良大和

鋭いご指摘!(笑)。
このあたりの事情はどうなんでしょうかねー?

天照大神が男神という説もあるようですが、生まれてから今日にいたるまで、女性以外のイメージで考えたことがありません。
伊勢神宮にお参りしたとき、私の脳裏に浮かんだのもまぎれもない女神であり、今更男と言われても、、、

なお、釈迦に説法になってしまいますが、
ギリシャでもローマでも、ラテン系のフランスやイタリアでも、太陽は男で月が女です。
対して、ゲルマン系では、日本と同じく、
太陽が女で月が男です。

農耕民族という観点からはむしろローマの神話と共通していてもいいような気がするのですが、
今後の研究のテーマとしておきましょうか^^。
2012年03月29日 02:33
>伊勢神宮にお参りしたとき、私の脳裏に浮かんだのもまぎれもない女神であり、今更男と言われても、、、
Frank 2012/03/29 01:26

でしょ?w。

私が、天照大神のお名前を知ったのは、小学校3年生の時でした。学校で習いました(漢字で)。あまてらす「の」おお「み」かみ。何で、「の」と「み」が出て来るのか?。子供心に凄く不思議でした。ちなみに、「君が代」は、小学校2年生の時。意味は、「この国が、川の小さな小石が、大きな岩に育って、苔が生える程長く続きます様に」でした。子供心に、へぇ~、石ころも生き物と同じで、大きくなっていくんだw。と思っていました。良い時代でした。

>対して、ゲルマン系では、日本と同じく、
太陽が女で月が男です。

天照大神は、やっぱ太陽ですよね。そう言えば、弟君に、「月読命」がいらした筈です。伊勢神宮外宮別宮があります。「月読宮」。「つきよみ」と同じ読み方で違う漢字でもう一宮ありました。字が思い出せない。

両方とも、伊勢神宮としての御朱印もあります。勿論ゲット済みですw。

2012年03月29日 02:45

「月夜見宮」でした。


ナポレオン・ソロ
2012年03月29日 18:03
>>その神社の最高神は、女性なのだわw。
 別に何の不思議も有りません。古代の社会では、子供を産み育てる集団が群の中心にいなければ一族と言うものが成り立立たないからです。 女性集団の長は勿論女性だったでしょう。 その集団を外敵から護るのが男集団であった筈です。

 余談sですが、男の子が男集団に入る為には、何処の民族でもその民族なりに成人の儀式を通過する必要があり、日本の場合、抜歯だったり文身(刺青)だったりしました。 男集団は狩りや漁労と言う大変危険な現場で生活をする事になるから、その忍耐力や勇気が十分であるかの試し、亦は、他集団との見分けがハッキリする様にマーキングする必要が有ったからでしょう。

 其れは兎も角、男親は群れを率いるリーダーですが、その指揮に従って命を懸けるのは、男共である事は間違いありません。 大自然相手の男集団には、不定期に人の消耗があるのですから、其処へ人を供給する文字通り母集団が無ければ成り立たないのは言うまでもないでしょう、すると、全体の集団が、護るべき、崇めるべきは、女集団、その長である事の方が寧ろ自然です。

 この傾向は、リーダーたる男が群が巨大になって、戦いの前線で、或いは狩猟の先頭に立って死ぬ事が少なくなるまで続きます。 日本では卑弥呼とその娘登輿に纏わる話がその例示として一番適当なのかもしれませんね。
ナポレオン・ソロ
2012年03月29日 18:04
 天照大御神(=アマテラスオオミカミ)が太陽神であるのは疑いの無い処ですが、定住農耕民の場合、太陽の果たす役割は、緯度の高低によってその占める意味が大きく違ってくるのは、四季の有る無しで判別できる事でしょう。 即ち、優しく恵みを与え、育ててくれる表象は母であり、恵みを与えてくれるが、厳しく、規則通りな表象は父となるワケです。 是は、農耕に携わるモノだけでなく、漁労で生計を立てるモノにも同じことが言えましょう。

 同じ農耕神でも、烈日にして少雨のエジプトの太陽神はラ―と言う男性伸ですし、原初の神とされるのもオシリスという男性神です、亦、アメン神と言うのも居て、是も男性伸です。

 然し、それらの男性伸への信仰は、エジプト文明の消滅と共に消えてしまいました。 処が、オシリスの妹にして妻であるイシスは女神で豊穣と子供の守護神でしたが、彼女への崇拝は、紀元のイエスキリストの登場~その死~ユダヤ族の反乱~ユダヤ族の絶滅~キリスト教の国教化(4世紀)に至る後も衰えず、逆にマリア信仰として形を変えて世界中に広まり、現在にも脈々と息づいているのです。

 是は、母性と言うものが何処の民族でも同じ次元、同じニュアンスで捉えられていると云う事ではないでしょうか。 人間にとって、原初を母とするのは極自然なことであると思います。

 然しその母性は、原初の神が持つ特性とするに相応しく、幅広く生命を拡散する方向性を持っているが、万世一系の血筋を護る方向とは相反すると言う他は無い。と言う事です。
ナポレオン・ソロ
2012年03月30日 22:42
 その原初の神が持つ方向性とは異なる方向を日本人は見出したのです。

 ダカラ日本文明は、他のどの文明とも違う部分を持っているのです。 即ち、民の安寧と国のい弥栄を八百万の神の頂点に坐す神様にお願い申し上げる祭祀王を勤めとする、スメラミコトを国の中心に崇め奉り、如何なる強大な権力もひれ伏す権威の象徴として、臣民が挙って万世一系の理を固く守り、協力し、国の統合の象徴とすると云う、世界の奇蹟を実現して居るのです。

 是は、同じ国を他に造ろうとすれば、少なくとも民草がその有意義性を認識した状態で、2670年はかかると云う事です。

 其れが、我々の国日本の国の真の姿なのです。 我々は、2670年間スメロギが嘉する国の子孫なのです。

 是は、日本国民よりも寧ろ、世界の方がよく判って居るし、正しく評価して居ると言えましょう。

 「日本の神は何もしてくれない」と嘆くのは間違っております。 何故ならば、我等こそ神の子、子孫であるからには、我々は、智力、血力を尽くして自力で、国を、スメロギを護ってこそ「我等も日本人だ、日本人の子孫だと、初めて先祖に胸を張れる、とは思いませんか? 
Frank
2012年03月31日 01:30
>「日本の神は何もしてくれない」と嘆くのは間違っております。 何故ならば、我等こそ神の子、子孫であるからには、我々は、智力、血力を尽くして自力で、国を、スメロギ(これスメラミコトですよね)を護ってこそ「我等も日本人だ、日本人の子孫だと、初めて先祖に胸を張れる、とは思いませんか?

激しく激しく、同意します!
急に手が離せない自体が、、、詳細は後ほど、、、
2012年03月31日 02:37
>然しその母性は、原初の神が持つ特性とするに相応しく、幅広く生命を拡散する方向性を持っているが、万世一系の血筋を護る方向とは相反すると言う他は無い。と言う事です。

その原初の神が持つ方向性とは異なる方向を日本人は見出したのです。
ナポレオン・ソロ 2012/03/30 22:42

ニュース23Xが終わった辺りから、ナポ・ソロ様への返レスを考えていました。確認がてらにネットで調べものしたり、考えを纏めたりしていました。が、検索に引っ掛からず、考えも纏まらずで、今日のところは中断します。

何だろう、私自身が抱えているこの蟠りわw。

>「日本の神は何もしてくれない」と嘆くのは間違っております。
ナポレオン・ソロ 2012/03/30 22:42 

そうだろうか?

日本人の多くは、日本人たるべく無意識の内に、日々真面目に懸命に生きています。それを良い事に、「在日」や韓国人、それらと結託した腐れたサヨク共等や「朝日」や【王家の犬】HK始めとするマスゴミ業界人共等は、甘い汁を吸い捲っています。

『天罰』があって然るべきでしょうにw。
2012年03月31日 02:47
朝鮮人は、ほんの百年前まではウンコを舐めてした連中ですよ。先の戦争では、日本人として敗戦国民でした。

朝日新聞がソ連のコミンテルンと結託していたお蔭で、一体全体何百万人の日本人が死んだ事か?。ここ二十年のテレビ朝日の椿報道や、偏向報道で一体何万人の日本人が、(主に経済的困窮から)自殺して逝った事か?。

>「日本の神は何もしてくれない」

とすれば、それは日本には、(日本の)神様など存在していないのと同義です。

神道は、日本民族をより良く生かす為の信仰心(私見として、教え、日本人哲学の集大成)か、只の日の本の民衆をより易く支配する為の、愚民化プログラムであったかの分かれ道に立たされている筈だと考えます。

追い込まれているのは、神道であり日本の神様であると言う事です。
ナポレオン・ソロ
2012年03月31日 08:28
>>それは日本には、(日本の)神様など存在していないのと同義
 貴方と私の神に対する認識がそれほど違う、と言う事でしょう。 貴方が求めて居られる神様は、飽く迄、人間の為の神でしかないが、そういう神は、人間自身が幾らでも造り出せると云う事に気が着いて下さい。

 日本神道と仏教が似て居るのは、「そういう神が居ても構わない」とした融通無碍な処です。

 仏教の場合、ブラフマン以外の神さえ明確には肯定して居ませんが、「解釈自由」と、問題の本質はそんなところには無い事を黙示しているといえましょうが、神道の場合、他神、若しくは多神を認めると云う事です。

 本来其れが生み出す現象とは、混乱でしか有りません。 神道の場合、唯一無二の神は宇宙の高みに坐します神でありますが、他は人間の心の葛藤や願望が生み出した表象に過ぎない、然し、その神々も唯一無二の神様が我が身を裂いてお造りに成られた、謂わば、神の分身で尊い存在であるのです。

 是ぞ大和の神でありますが、それこそ人類が辿りつかねばならない極みに有るモノではなかろうか。

 つまりは、利他愛です。

 この点でも仏教=ブッダの教えとの合致点が見出せます、発心とは、この利他愛の重大性に人間が覚醒する契機です、萌芽なのです。 仏教も神道も、死生を次元を跨ぐ現象としか捉えて居ません、死に痛みや恐怖を伴うのは、生存に対する拘りが無ければ人間はいとも容易く自死してしまうからです。 それ程、生きる事は辛い。 とブッダは仰っておられます。
ナポレオン・ソロ
2012年03月31日 08:31
 そして、ブッダは、人間はこの世で一体何を成し遂げる為に生まれて来たのかを先ず考え、気が着かねばならない、とも仰っておられます。

 ブッダはこうして人間に命題を与え、解釈自由と、放り出しますし、神道の最高神は人間の些事には関わりません、ただそこに或るのみです。

 詰まり、人は自力で自分の生を苦しみながらも、力を振り絞って生き無ければなりません。其処で見つけ、気が着かねばならないのは、苦しみの根源の在り処です。
 そして、この世で人が生あるうちに為さねばならないのは、その苦しみを解消する事です。

 その苦しみを造って居るのは、見かけは「他」と言う存在ですが、この世に「他」が無ければ、そも「自」も存在する意味が無いのです。 現世では、各々に「自」が有って生存を主張して居るから、社会が成り立っていると云う事です。 

 苦しいのは、他の所為では無い事は明らかです。

 意識界の中では「自」は中心にあるが、其れを形として「自」に認識させるのは「他」の力であるからには、寧ろ「他」こそ、「自」の在り方を知自認するに、唯一の手段、鏡なのです。
ナポレオン・ソロ
2012年03月31日 08:33
 西洋宗教の殆どが嘗て、人間の支配者で在ったり、自民族だけの利益を保証する、人間世界に介入して、「自身のの為ダケの神」として契約を交わし、破戒者には死を以て報いると云う、明らかに人間の価値観に沿った神でしかなかったのです。

 聖パウロに曰く、「紀元イエス・キリストがこの世に現れ、人類の苦しみの根源である、自分の生存に拘る余り、他者の生存を犠牲にしてきた罪を、神の子であるイエスが我が身を犠牲にする事で、父神様にお詫びし、人類を絶滅の淵から救済したのですが、人類はその意味を深く考えねばならないのです。」と。

 自分の身を捨てて他者を救う、是も利他愛ですね。

 利他愛こそ神の御心に適う教えダカラ、キリスト教は世界教となったのです。

 人間イエスも人間ゴータマ・シッダッタも謂わんとして居た事は、「人間が本能として持つ生存欲から生まれる、突出した我=利己的な欲望を捨て、その方向を共助、相互扶助と言う形で、利他愛社会をこの世に顕現する事が、人類が神の御心を膾炙している事になって、初めて真に生かされるのである。」と言う事だと謂う結論を私は示されました。

 従来の様に、人間を救済するダケが宗教だと拘るのなら、私は仏教も、キリスト教も、究き極めれば宗教では無く、人類に与えられた神の啓示だと思っております。
ナポレオン・ソロ
2012年03月31日 08:39
 「人が自の生存を捨ててまで他を救う」昨年の大震災の折に大勢の日本人が、誰に強制される事も無く行動で示しました、消防団員、警察官は固より、避難を呼びかける女の子まで。

 自に対するに自助、他に対するに共助、この社会に溢れる精神性の在り様は、先祖が我々子孫に遺してくれた真の宝ではないでしょうか。

 自に対するに自助、他に対するに共助、この社会に溢れる精神性の在り様は、先祖が我々子孫に遺してくれた真の宝ではないでしょうか。

 神道は世界最古の神と人間の接点であるにも拘らず、人間が作り出した原初の神とは、全く異なる次元に坐します。

 其れが故に、日本は神の国なのです。
ナポレオン・ソロ
2012年03月31日 11:22
「人間を救うのは人間でなくてはならない」のです。 

 地球が太陽の周りを眞円率97.5%と言う奇跡の様な軌道を描き、23.4度と言う絶妙の傾斜で世界に大気循環を齎している事だけでも凄い事なのですが、更に、薄皮の様な大気を保ち、絶対零度から1億度の温度範囲が有る中、水はたった0~100℃という狭い範囲の温度域でしか液体を保てないのに、地球上の生物の命も維持している水が溢れる程の環境を御与えになり、其れを維持しているのです。 更に、地球は太陽から放射される太陽風と言うプラズマの嵐の中に時折曝されて居ますが、(オーロラはそのプラズマによる発電現象)これも、バンアレン帯と言う電磁層がバリアになって居るのです、しかもこの層で補足したプラズマ=分子、原子がバラバラになった状態、から、それらが原始の海に降り注ぎ、生命の素になった可能性が指摘されて居ます。

 是こそが神の大愛=アメージング・グレィスなのです。

 最高神様が地球上の生物に齎すのは、唯生きて居るだけでは気付けない程巨大で豊かな「驚異の恵み」であり、奇蹟なのです。

 神は何もしてくれないのでは無く、この無限の宇宙の中に奇蹟の様な星を創り出して、我々を活かしてくれているのですよ。

 我々が真に神様のお力を知り、其れに縋ろうと欲するのなら、自ら利他愛を実践するだけで宜しいのです。 

 他者を救う為に自らを犠牲にする機会を与えられた事に感謝できるようになれば宜しいのです。
2012年03月31日 22:22
概ね、ナポ・ソロ様が仰っておられる神に関する記述。私風情にも理解ができます。し、同意もできます。

しかし、日本の神様、特に天照大神に象徴される例えば神社の神様などは、私には、宇宙の高みに在られる存在とは思えないです。誰の説でもどなたの見解でも無く、私自身はそう思います。

私達のすぐ頭上にまします存在。が、天照大神だと思いますよ。

伊勢神宮では、毎朝天照大神に朝食をお供えしているそうです。神宮創設以来ずっと続けられているそうです。あたかも、今現在も人として生きておられるかの様に・・・、

少し話は飛びますが、お賽銭の習わしって台湾や中国には在るのだろうか?。少なくとも、キリスト教やイスラム・ユダヤには無い筈です。

アレは何だろうと考えた場合、やっぱ「対価」でしょ。

願いや希望を叶えて貰う対価。悲しみや苦しみ悩みを癒してもらう対価。

お百度参りって、神道の一形態ではなかろうかと。

藁人形はどうだろうか?

神社の境内に流れる、清々しい空気の流れに関心を持ち始めた頃、しょっちゅう夜中に参拝をしていた時期がありました。見た事あるのよ、藁人形をw。

これも、神道の一形態一側面だと感じます。

神道もそこにまします神様も、只々高潔な存在なだけではない筈です。

『呪詛』だって立派な神道の一側面だと、私は考えますけども・・・・。

もっと人の生活に密着した、人の生き死にの直ぐ傍らに在らせられる存在が日本の神様だと私は、思います。

ナポレオン・ソロ
2012年04月01日 02:07
 
ナポレオン・ソロ
2012年04月01日 10:53
 生良さん、私は基本的に、自分にとっての神様という認識や自分の中に占める位置は、人に拠って様々で宜しいと思っております。 曰く、「神様と1対1の関係にあるのだ」と。

 表立つ形象やしきたりは、先達たちの知恵の結晶ですから、頭から否定できる筈もない。神饌にお百度参り、お賽銭に藁人形ですか。 日本の神々と人々の歴史を観ている様で面白いですね。

 民が土地に定住する現象は、その生業に拠って大きく変わります。 謂うまでもなく、狩猟採集民は獲物を追うわけですから、勿論定住型ではなく、遊牧民は季節定住型と呼ぶべきですが、この2つは土地を生産手段とは看做して居ないから土地に対する執着も有りませんが、焼畑耕作民は、焼畑を施し耕作した土地に対する所有意識は高く、漁労農耕民ともなれば、漁労の出発帰着拠点にして、耕作可能な場所こそが、価値が高い事になり、完全に土地=財産の意識が形成されて居ます。

 この4つの生業を異にする民族では、祈り願う内容が当然違うからには、祀り崇める神様も当然違うでしょう。

 日本に神々が多く居るのは、是等の民族が数万年の間に列島に移り棲み暮らしたが、同時に持ちこんで来た神々の悉くを、結局の処お互いが尊重してきたからです。 狭い国土で、生業は違えど、住処を分けあう移住民同士では、お互いの異神への侮蔑、無礼行為や破戒は、起こさなくても良い武力衝突を誘致する危険な要素だと認識して居たからでしょう。
ナポレオン・ソロ
2012年04月01日 10:54
 前述しましたが、神社はその勢力の境界、中立地帯であると共に、宗教の中性点ではなかったかと私は思って居るのです。 ですから、寧ろ、多くの神々のしきたりが神社内に持ち込まれているのではないかと。

 神社に拠って、神々の名前が様々で在らせられる事もその理由になる筈です。 例えば、海人族の主神とは、明らかに住吉大神であり、住吉大社でしょう。 大阪湾の各地に住吉宮はありますが、他の地方には余りありません。 亦、熊野宮の出自は、吉野熊野なのでしょうが、是も近畿一円しかありません。 全国的なのは、お稲荷さんを筆頭に、八幡宮に祇園宮、そして天満宮でしょうか。 他にも白山ヒメ神社もあれば、鹿島神社に、諏訪大社といった豪族系、気比や気多と言った海人系、弥彦、大山、月山といった山岳系が各地にあります、その数、120万以上と謂われて居ます。

 是に寺を加えますと、日本は神仏の祀所で一杯です。

 海流や地理的位置から云って、日本は様々な文化の会合点で在ったと思いますが、文化的な会合は、或る意味、それぞれの民が奉戴する神の会合であり、文化的な会合でもあった筈です。

 何が云いたいかと云いますと、私が長々と述べた神様は、その会合点、文化的中性点である神社の上方にある宇宙伸、創造神で在らせられ、我々の祈りや神様に示す敬虔な気持ちは神社に御祭りする神々を通して、その神様に通じて居るのだと云う事です。

 御祭りしてある神様は、人間同志での決まりや約束事に措ける、利己的な願い事さえ聞かねばならないワケですが、是も、人間には必要な事でしょう。

 然し、最高神様の力をお借りしたい事なのなら、自ら利他愛に覚醒し、且、実践しなくてはならないと云う事です。
2012年04月01日 23:30
>御祭りしてある神様は、人間同志での決まりや約束事に措ける、利己的な願い事さえ聞かねばならないワケですが、是も、人間には必要な事でしょう。
ナポレオン・ソロ 2012/04/01 10:54

結局、私が主張している日本の神様の在り様は、この視点なのでしょうね。

前々回、ナポ・ソロ様への返レスをしようとネットであれこれ確認がてら調べていて知ったのですが、天照大神が女性神であると言う説が100%では無いのですね。

男性神説も存在するとか?

もう、ひっくり返る程驚きました。私にとっては、天照大神は男性だと言われる事は、天照大神は実は韓国人女性だった言われる位(韓国で実際にある説)許せないですもの。

神社神道の最高神が女性で、スメラミコト神武天皇に男系で連なる天皇の系譜って、構図的には『母親と息子』の関係に見えます。

神道は、母親が愛しい我が子の行く末の、安全と幸運を願う祈り(に似た祈り)と自分が以前発した言葉を思い出しました。

男系主義の拘って来たのは、神道とスメラミコト天皇の「母と息子」約束事の維持と言う構図かしらん?

>自ら利他愛に覚醒し、且、実践しなくてはならないと云う事です。

仰る意味は分かります。

その結果が、日本のこの在り様です。利他愛は、朝鮮人には御法度と言う事です。

ナポレオン・ソロ
2012年04月02日 21:53
>>天照大神は男性だと言われる事は、天照大神は実は韓国人女性だった言われる位(韓国で実際にある説)許せないです
 わはは、「天照大神が、韓国人女性」は良かった。 「一体いつの話だよ?」と訊いてみたいですね。

  正に馬鹿に着ける薬は無い様に、朝鮮人にマトモな歴史を語らせるのは、然程に難しい。 是では、5千年の歴史とか何とか云っても、世界中の誰も相手にしないわな。 「はいはい、キリストも孔子もカールルイスも韓国人ね。判った判った」 彼らの歴史に真実は不要だそうです。

 狩野芳崖の悲母観音像って知って居ますか、見かけも名称も女性ですが、顔には立派なひげが生えている。ソモ、神様・仏様に性別は必要無いでしょう。 必要なのは、男性、女性の心の具象化だけではないですか、其処では、産む神は女性だと云う事になっているダケです。

 「悪事は千里を走る。」と云いますが、朝鮮人が日本人の思いやりを仇で返すのを世界中の人が観て居ると云う事を考えれば、朝鮮人は、決して利他愛の対象にしてはイケナイと言う真理を、世界の人々に知らしめているのは、他ならぬ朝鮮人だと云う事ですよ。
2012年04月04日 02:40

>わはは、「天照大神が、韓国人女性」は良かった。
ナポレオン・ソロ 2012/04/02 21:53

私は、笑う気にはなりませんね。

何か汚らしい手で、まさぐられている感じ?。朝鮮人(韓国人)が本気で言っているのが気味が悪いです。

(以下引用)


【韓国】「『天照大神』は韓国女性だった」と判明
1 :日本@名無史さん[sage]:2006/09/14(木) 20:41:53
天照大神は日本で最高位の神様である。著者のチェ・ユギョンさん(30歳)は日本の800万の神様のうち、最高位であるこの神様が韓国女性だったと主張する。

天照大神は生前の日本の開国始祖である卑弥呼(149~248) 女王であった。死んでから太陽神となった。 邪馬台国の女王で189年に約30国を統合し、日本皇室の母胎を作った女性である。 邪馬台国は約7万の壕で出来た大国だった。当時の他の国は1000~4000の壕の規模だった。

(中略)

卑弥呼に関する客観的な歴史記録は多くない。更には卑弥呼が本名なのかも確かではない。我が国から渡った巫女で、首露王の娘という説もある。チェさんは卑弥呼が天照神話のモデルという説に惹かれた。「インカ、マヤのような高度文明を持った国で発達すると言われる太陽神が、当時韓半島よりも水準の低い邪馬台国で生じた事も変だが、それに女性?天照大神のモデルが卑弥呼だったと言う斉藤の主張はこの質問に対する返事になるに十分だ」 と言うのである。

(ソース略)

5 :日本@名無史さん[sage]:2006/09/14(木) 20:53:47
韓国人は何でも日本のものを韓国がルーツだっていうことにしたいようだな!文化だけではあきたらず今度は日本の歴史上の人物にまで範囲が広がって、本といい加減にしろよ!
2012年04月04日 02:43


6 :日本@名無史さん[sage]:2006/09/14(木) 20:57:30
“その世界では”ありえなくても、一般レベルでは信じちゃう人がいるのが問題。

贅沢三昧で民衆を苦しめたはずの閔妃をTVドラマで悲劇の皇后に仕立て上げたらそれをまるっと信じたり、チャングムだって日本人はあれを史実だと思ってる人がいる。空手や剣道の起源は本当に韓国だと思ってるアメリカ人もいる。

日本はもっと大声で世界に向けてきっぱり否定しないと韓国人を付け上がらせるだけ。

慰安婦問題、強制連行、南京大虐殺だってこれに通ずるものがある。

神話=作り話だとしても、これは日本の根に関することなんだからしかるべき公的機関が抗議してもいいくらいだと思う。

>「はいはい、キリストも孔子もカールルイスも韓国人ね。判った判った」
ナポレオン・ソロ 2012/04/02 21:53

そう言う余裕ぶっこいた大人の対応や、或いは、殊更軋轢や対立を避ける日本人的対応が、「在日」及び韓国人共等を増長させ、瀕死状態の半導体・電気産業がある訳です。

それにしても・・・・、

今の、マスゴミテレビ業界を掌握している「在日」朝鮮人相手に、勝てる気がしていないw。どう考えても、負ける筈がないと思うのだけども・・・、

負ける筈ないと思う事自体が、ナポ・ソロ様の「わはは・・」と同じかしら?

朝鮮人の『異常性』は、脅威です。

この記事へのトラックバック