女子アナと神様(21)、非核三原則、TBSニュース23、テロ朝報ステ、犬HKN7、座った切り雀の・・

8月6日の、ヒロシマ原爆式典のTBSニュース23には、驚きました。正確には、驚愕、恐怖と言ったところです。二人のMC膳場貴子と岸井成格は、原爆ドーム前から生中継。あたかもこれから、パーティーにでも出席するかの様な出で立ちで。やおらボードを取り出し、ヒロシマ式典での安倍総理大臣の追悼文の中に、非核三原則厳守の言葉が無かったとして批判し始めたからです。正に恐怖、驚愕の一言。私の様に、日本国日本国民の軍事安全保障を真面目に考えている日本人階層にとって、政府高官が、非核三原則に言及しない事が、如何に心強いか判りません。日本国に近接する反日国是国家は、核武装国(中国北朝鮮)もしくは、日本に核爆弾を落とす映画を作って大ヒットさせた恐ろしい国(韓国、ムクゲの花が咲きました)ばかり。そう言った、恐ろしい反日国家に対して、日本国の政府高官が、非核三原則を口にしなくなるだけでも、どれだけ心強いか、普通の感覚を持つ日本人なら議論の余地は無い筈です。

それを真っ先に潰しに掛ったのが、TBSニュース23でした。

ところで・・・、

若い頃から私は、ヒロシマナガサキ市民が、どうしても理解が出来ていません。

何故、「核兵器は悲惨。だから、核兵器廃絶、日本が率先して・・・、」になるのか?。どうして、「二度と、日本人に核兵器を使われない様に、3発目4発目を喰らわない様にしよう」にならないのかと。不思議で仕方がありません。

非核三原則を撤廃するだけで、核兵器を持つ反日国家に対して、どれだけ抑止効果が働くか、ちょっと想像するだけでも判りそうなものです。「場合によっては、核を配備しちゃうよw」のそぶりを日本国が見せるだけで、相手国の攻撃意思がくじけるに違いありません。非核三原則を撤廃する費用は、全く掛かりません。0円です。勿論、実際に核を配備する必要は無いです。只のブラフ。しかしそれによって、日本国が保持できる抑止力は格段にアップする筈です。これ程、費用対効果、コストパフォーマンスの良い軍事安全保障政策は他に無いと、私は断言できます。

それを真っ先に潰しに来たのが、奥田愛基を散々持ち上げて来たTBSであった事は、余りに判り易い構図と言えます。次に、テロ朝報ステ。TBS(ニュース23)そしてテレビ朝日(報ステ)は、一体誰の為、どこの国の利益の為に報道(紛い)番組をやっているのか、一目瞭然です。

話は、エライ方向に飛びますが、

妊娠結婚が発覚して以降のニュース23の女性MCが、番組中全く立たなくなりました。正に、座った切り雀w。そんなに、妊娠した姿を人前に晒すのが嫌なら、もう産休に入れば良いのに・・・、見苦し過ぎます。

彼女に比べたら、お腹ポンポンにしながらも、最後まで変わらずに職務を全うした、NHKの小郷知子アナやテレビ朝日の市川寛子アナは、アナウンサーとして人としてそして女性としても、彼女より遥かに立派だったと言えそうです。


こんな女、こんな人物だったのかと(ちょっと想像してたw)。少なからず私は、がっかりしました。



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



※翌日、テロ朝報ステが追従(スポンサー名を覚えておく様にw)。

画像


画像


画像



※ヒロシマドーム前ロケ翌日、金曜日。

画像


画像


画像


画像


※犬HKN7(ニュース7)、小郷知子アナ。

画像


画像


画像


画像


画像



※テロ朝報ステ(報道ステーション)、市川寛子アナ。

画像


画像


画像


画像


画像


画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック