マジカルミライ(4) 次の初音ミク 

少し前の事ですが、初音ミクのコンサート&イベント、マジカルミライ2017のメインビジュアルが発表されました。マジカルミライが始まって今年で5回目。初めて初音ミクらしいマスコットが登場しました。今までは、何か違うの連続でした。最先端の電脳少女の筈なのに、やたら古臭いシルクハットやワンピースを着ていたり、勇ましい歌う戦士であったり、とても可愛らしいけれどチンクシャ巨乳のメロンパンナちゃんだったりで、違和感有り捲りでした。自然と、今回の本編コンサートにも期待が高まります。どんな曲が披露されるのだろう?。振付や衣装(モジュール)は、どんなだろうと・・・。と言っても、私はコンサートには行けません。あそこ(千葉幕張メッセ)まで行くだけのエネルギーが、年老いたおっさんの私には、無いのです。何か月遅れでのブルーレイかDVDで我慢します。

初音ミクファンには、色々な種類が存在する筈です。が、私は明らかに、ミントグリーンツインテール、ぱっつんぱっつんのミニスカートを装備した可愛らしいCGキャラのファンです。彼女のイラストが公開された瞬間に飛び付きました。はっきり言ってその時点では、ボーカロイドって何?の状態。私にとっては、厭に暗いセーラームーンだなぐらいの感覚しか無かったです。結婚して6年目にしてやっと生まれた娘と一緒に見ていた、コミックアニメ・セーラームーンが忘れられなかったからだろうと、今振り返ります。娘が成長するにつれて、アニメに反応して笑ったり恐がったりする頻度が増えて行く過程を見るのは、とても嬉しかったです。

その、たった一枚のイラストに過ぎなかった初音ミクの声が公開され、何だこのアニメチックな声は?。否、これはこれでありかも知れないと戸惑い、2か月か3か月の内に二次元三次元的にと踊り出したのには心底驚きました。

初音ミクを見る見方は、アニメセーラームーンの時と余り変わっていません。ミニスカートの裾ばかり見ています。何で今の激しいターンで、スカートが捲れないのだろうか?と。否、別に私はスカートの中身には興味は無いのですけれど・・・、。

初音ミクの代表曲って何だろう?と考えた場合、私にとっては間違いなく、次に揚げるモーション公開動画の2曲です。動画作製者は別々。それぞれの動画は、他の色々な種類含めて数千回づつは見ている筈です。

ネットを通じて政治に関心を持つ様になり、その上で、現状の日本にとって最大の癌、脅威はテレビ報道だと当たりを付けた私は、夜仕事から帰ると時間が許す限りテレビ報道に注目していました。主な観察対象は、テロ朝報ステ(テレビ朝日報道ステーション)とT豚Sニュース23。

余りの偏向捏造ぶりに、毎日毎晩うんざり。恐怖心や憤りで頭チンチンになって眠れやしない。そんな時、比較的早く携帯をスマホに切り替えていた私は、布団の中で、彼女初音ミクが可愛らしく踊り狂っている動画を見ては、癒されていました。

今もそうです。当ブログのエントリーの流れを見れば判る通り。私は今、不愉快で恐ろしい朝鮮番組、関口宏のT豚Sサンデーモーニングを取り上げて頭チンチンになっている処です。

ここ2~3か月は、意味不明の森友・加計報道にうんざりして全く夜はテレビを見ていません。やっぱりそんな時も、彼女初音ミクの動画を見たりして癒されています。

初音ミクは私にとっては、生活必需品でもあるのです。

5年前に、私にとっての代表曲のモーション公開をした動画クリエーターが最近、新しい初音ミクを提示しました。只可愛らしいだけではなく、何処か知的で凛々しく厭に格好の良い初音ミク。いつも未来の初音ミクはどんな感じだろうと想像ばかりしている私は、又もや彼女に飛び付いてしまいました。初音ミクに関して、何にも出来ず唯見ているだけの能無しの私も、当ブログ「きらやまと・さらいにこ」を使えば、細やかながら紹介できるかもしれないと考え、当エントリーを作ってみました。

考えてみれば、初音ミクが登場して以降10年弱。私は唯、見ているだけでした。年に1枚か2枚DVDを買うだけ。そんな私も、初音ミクコミュニティーに対して、何がしかの貢献がしたくなりました。

私は動画作製者に金が払いたいです。

動画作製者ごとに作品を集め編集したDVDが欲しいです。初音ミクが歌う曲の作曲家は、ボカロPとして注目され自身の曲を集め編集されCDなんかで売られています。同様に、動画の作製者にだって同じ事が起きたって良い筈です。勿論、初音ミクの元々の著作権はクリプトンが持っている事も、一つの動画は多くの無償配布された素材で成り立っている事も知っています。

更に言えば、個人が作った初音ミクの動画がネット上に公開されるのは、対価を求めないと言う約束の下での、クリプトンの”善意と寛容”によるモノだと言う事も知っています。

とは言え、

初音ミクの動画ファンを長くやっている内に、何人かの動画作製者のファンになりました。同じ初音ミクのモデルを使用していても、出来上がって来る動画は、作製者によって千差万別。その動画作製者だけの作品が収まったDVDを(金を支払って購入し)見て、でれーっと鼻の下を伸ばして和みたいです。私が支払う金の一部が、作製者の元に届かないかしら?と、考えてしまいます。



画像









新しい初音ミク



モーション公開ロミオとシンデレラ


セガロミオとシンデレラ








モーション公開裏表ラヴァーズ


セガ裏表ラヴァーズ※この動画のこの初音ミクが、一番好きw。 

白い雪のプリンセスは ※随分後になってからこの動画の存在を知った時の驚きと言ったら・・・、


セガ白い雪のプリンセスは



骸骨楽団とリリア


セガ骸骨楽団とリリア



次の動画作製者の動画も好きです。本来、このタイプの初音ミクは、アニメチック過ぎて余り好きでは無いのですが、彼(勝手に男と決めつけているw)の初音ミクは何か違う。

それにこのタイプの初音ミクは、対艦これ艦むす連合艦隊迎撃モデルとしては、重要なポジションにあります。



昨日の夜中に公開されたばかり。ただ歩いているだけw。でも良いなこれw。つい見とれてしまう(^^;)。



最後に、


艦むす榛名との共演。初音ミクの存在の希薄さ、榛名の圧倒的な存在感は何だろう?。髪が有り得ない色をしているから?、史実の擬人化だから?。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

2019年08月19日 08:07
気持ち悪いこなしネトウヨジジイだな
お前みたいなネトウヨゴキブリの遺伝子残すな奇形禿げ
痴漢と下着泥棒が日課の性犯罪者か
殺した方がいいな
というか自殺しろ

この記事へのトラックバック